マガジンのカバー画像

究極のお客さま体験を目指して

8
お客さまの体験をより良いものにするため、私たちが行っているカイゼン事例をご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

安心をお届けするために。採用で重視する“ミッションへの共感”とは?

私たちイーデザイン損保では、「事故のない世界をつくる」という、同業他社とは少し違ったミッ…

&eのお客さま体験をよりよくするために。「声を聞き、改善する」アプリチームの挑戦

みなさん、こんにちは!「&e」公式note編集部です。 お客さまの安全運転をサポートする&eアプ…

オンライン申込の常識を変える!&eが作る、ワクワクする自動車保険サイト

こんにちは。「&e(アンディー)」公式note編集部です。 今回は、&eの公式Webサイトをピック…

お客さまの声から課題発掘!「CXワークショップ」とは - &e究極のCXを目指し…

お客さまのことを第一に考え、日々お客さまの声と向き合っている企業は多いと思います。私たち…

「究極」を目指す、イーデザイン損保のミッション・ビジョン・バリュー

イーデザイン損保の新しい自動車保険「&e(アンディー)」は、お客さまに寄り添い、事故のな…

お客さまの体験から発想!「顧客体験デザイン」とは - &e究極のCXを目指して …

みなさんこんにちは!「&e」公式note編集部です。 最近、CX(カスタマーエクスペリエンス) …

異業種のリーダーたちがイーデザイン損保に集まる理由

今回の対談のテーマはずばり「異業種出身のリーダーたちがイーデザイン損保に集まる理由」です。 ビジネスマンとしてキャリアと経験値を持つ30代後半から50代にかけてのミドル世代。新しいキャリアに進むにはそれなりの勇気と覚悟がいることでしょう。 今回登場する3人は、パーソルホールディングス、博報堂、タイガースパイク(現 コンセントリクス・カタリスト)という保険業界とは異なる業種でそれぞれリーダーとして活躍していました。 その3人が、なぜ前職を離れてイーデザイン損保に集まったの

「本当に強いブランドを作る」そのために必要なこととは?

パーソルホールディングス、博報堂、タイガースパイク(現 コンセントリクス・カタリスト)で…